記念コインなどの古銭買取りについて

この記事は2分で読めます

記念コインは何らかの記念を祝して発行される貨幣であり、白銅貨幣、銀貨幣、金貨幣、ニッケル黄銅貨幣、バイカラー・クラッド貨幣などの種類が在ります。

記念コインの額面は100円、500円、1,000円、5,000円、1万円、5万円、10万円と言った種類が在り、何れもお金としての価値が在り、法律上お店でも使う事が出来ますが、お店の人が使う事が出来る事を知らない場合もあれば、レジシステムではお釣りを出す機能が無い事などの理由からも、記念コインをお店で利用する事が難しく、最近は自動販売機で商品を購入する機会が増えており、自動販売機もレジシステムと同じく硬貨や紙幣の受付が出来ないため、実質利用する事が出来ません。

趣味として集めると言う意味において所有する人は多くいますが、古い時代の記念コインの中には額面よりも高い価値を持つものも在ります。

そのため、所有しているものを処分する人の中には銀行ではなく古銭買取りを行っている専門のお店に行って売却すると言った方法で現金化する人もいますし、親や知り合いなどから譲り受けたけれども興味がないので古銭買取りのお店をインターネットを利用して探して、売却するケースも在ります。

記念コインは額面としての価値が在りますが、買い物をする時などに利用する事が難しいなどの理由からも銀行に出掛けて通常の貨幣と交換をする人も少なく在りません。

記念コインの中には1万円や5万円、中には10万円の額面になっているものも在り、そのまま使用することは法律の中では可能になっていても、決済処理に利用されているレジシステム自体が通常の貨幣のみしか取り扱う事が出来ないため、買い物などで使いたい場合には一度銀行で両替が必要になります。

因みに、100円や500円などの記念コインを銀行で両替する事について貧乏なのかと言う話題が在りますが、これについては記念硬貨を両替するのは貧乏?を参照して貰えるとその事実が解ります。

結論からすればお金に困って両替をする人もいるわけですが、記念コインは元々はコレクションをする目的で購入したり人から譲り受けているものであり、コレクションには価値が上がると言う期待感が在ります。

また、記念コインは額面以上の価値を持つものもあるため、銀行ではなく古銭買取りを利用した方が高額での現金化も可能になります。

そのため、銀行に持って行くべきか、それとも古銭買取りを利用した方が高くなるのかを把握しておくことがお勧めです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。