古銭買取はクリーニングする前に専門店へ

この記事は2分で読めます

専門店への古銭買取の査定依頼を考えた時、古銭の価値を上げる為、汚れをクリーニングするべきかどうか悩む方も多いと思います。金属は美しく輝いているほうが、価値があるように見えますが古銭に関してはそのままの状態のほうが価値が出ることもあり、素人では判断が難しい事が多いので、専門店のスタッフにお任せするほうがよい場合もあります。(また素人判断で磨いてしまうと金属部分を傷つけてしまったり劣化を早めて価値を下げてしまう事も磨く必要があったとしても扱いに注意が必要です。)古銭は通常の硬貨とは違い、長い時間をかけられて作られた、年月の経過を感じさせる渋い色合いや傷などが魅力のひとつです。同じ種類の古銭でもふたつと同じ雰囲気のものがない為、とても貴重な価値がでると言われています。しかし素人目には買取金額などまでは判別できない事が多く、古銭をそのままの状態で査定してもらう方がよいとされています。遺品整理や引越しなどの整理で押入れの奥や天井裏など長い間放置され、ホコリや細かいチリなどかぶり付属品などが傷んでいて役にたたないように見えても思わぬ価値と値がつくこともあるのでそのままの状態で査定を受けることをおすすめします。またクリーニングしたいからといって水道水で水洗いなどの行為も必ず控えます。

水道水に含まれる塩素やカルキなど古銭には大敵な成分がたくさん含まれていて水分を丁寧にぬぐって乾燥させても残った水分が蒸発した後、金属を傷める成分が残留し腐食や劣化の原因になる為、避けましょう。

査定日まで現状のまま古銭を部屋において置くのが気になる場合は100円ショップなどで密閉できるケースなどを購入し、新聞紙やキッチンペーパーなどで軽く保護して、入れておくとほこりなどの飛びちりや手垢や水分・衝撃などから守ることができます。古銭買取の査定は大変奥が深く、経験豊かな専門店に任せるのが一番だといわれています。

依頼する店が決まったら必ず電話かメールで事前に連絡を入れます。(HPなどに買取査定手順などが書かれている場合はそちらを参考にします。)希望する古銭がどのような種類か不明な場合は無理に調べなくても大丈夫なようですが、念の為スマートフォンなどで表裏、部分的などの写真を撮っておくと安心です。

少しでもお手持ちの古銭の価値をあげる為に古銭を美しく磨くより経年で作られた美しさを保存し早急に専門店に査定をお願いすることが良いようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。