蔵に眠る古銭買取について

この記事は2分で読めます

現在、金貨や銀貨など古銭を投資として購入する人が世界的に増えています。特に富裕層で古銭を投資として購入する人が多いようです。古銭は管理がしやすいです。古い年代の物ものほど価値が高い傾向にあります。日本の古銭の代表格は寛永通宝です。寛永通宝は古寛永と新寛永に主に分けられます。古いものの方が価値が高いです。市場価値の高い古銭は江戸時代以前のものがほとんどです。江戸時代からある民家の蔵に眠る古銭にプレミアム的な価値があったりします。明治時代以降でも希少価値のあるものは値段が高い傾向にあります。大正時代は年数が短く発行部数も少ないので、高額の値段が付く場合もあります。

国内だけでなく海外の金貨、銀貨などの古銭の硬化も価値があるものがあります。中国や香港は日本でも身近で、日本の古銭市場でも多く、取引されています。

今ではネットで古銭を買取する古銭買取業者も増えています。査定料、キャンセル料無料の業者が多いです。ネットの古銭買取業者は人件費や、店舗費を削減できるので、店舗の買取業者より、高く買い取ってくれる場合もあります。引越や荷物整理で古銭を処分してしまう人も多いですが、思わぬプレミア価格がつくこともあるので、蔵に眠っている古銭がある人は一度査定に出してみることをお勧めします。ネットオークションでは、古銭が大量に出品され、高値で取引されています。例えば、古銭・上棟銭4枚セット11,000円、古銭天保小判120,000、古銭・旧中国馬蹄銀226,160円、古銭旧中国銀貨・馬蹄銀60,960円、古銭享保大判金3,300円、古銭元文小判1127,000円、古銭明治10年貿易銀122,000円などがあるオークションサイトで取引されており、上記のものは、全て10~30以上の入札数となっていました。

Naverまとめに「古銭がお宝になるかも 蔵に眠る古物」というテーマのまとめ記事があります。まとめ記事では、古銭についての「ヤフオクなどのオークション情報サイト」「楽天オークションからのお知らせページ」「ワールドコインズ・ジャパン」のリンクが貼ってあります。

さらに価値の高いとされる古銭を写真付きでいくつか紹介してあります。

蔵に眠る古銭の買取方法は、店舗への持ち込みや、ネットでの出張査定、郵送などがあります。一番人気なのは出張査定のようです。買取には身分証明書が必要です。古銭買取の出張買取を依頼する場合は査定前にネットなどで調べられる範囲で相場を調べておくのがお勧めです。相場を知っていることで、査定額と比較でき交渉しやすくなります。

蔵に眠る古銭を持っている人は一度買取査定に出してみてはいかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。