一銭の価値と古銭買取りについて

この記事は2分で読めます

現代の日本の通貨単位は「円」になりますが、「円」と言う通貨は、昭和62年?1日に定められた法律でもある「通貨の単位、貨幣の発行等に関する法律」の中に記されているとおり、「通貨の額面価格の単位は円、その額面価格は1円の整数倍とする」と言う事が定められています。

但し、「円」の通貨単位と言うのは明治4年5月10日に制定された新貨条例で定められているもので、これ以前の通貨単位は「銭」と言ったイメージをされる人もいるかと思われますが、この新貨条例では「円」以外にも「銭」や「厘」なども定められているものであり、新貨条例で定められる以前は「両」と言う通貨単位が使用されていました。

因みに、1両は1円、1両は4000文と言ったレートが在り、従来の銭と言う通貨単位は0.01円、従来の銭は新しい銭に対して40銭と言うレートになるのだと言います。

そのため、新貨条例で定められる以前の銭と以降の銭の価値と言うのは全く異なるものであり、一銭と言う価値は明治4年を境にして大きく変化している事になります。

尚、古銭買取りでは一銭についての価値を正確に見出してくれる鑑定士がいるため、一銭の価値もないと言う事は無く、高額取引が行われる事も珍しくありません。

1両が1円の切り替えレートとなった時、一銭は、0.01円であり、且つ10厘で在る事、1両は4000文のレートであり、従来の40銭は一銭としての価値を持つと言う事が明治4年の新貨条例で定められています。

馴染みが無いと言う人も多いかと思われますが、一般的に一銭と言うのは0.01円であり、100銭になると1円と言う価値を持つなどのイメージを持つ人も多いものですが、条例が定められた事で通貨の価値は大きく変化していると言う事です。

所で、「一銭の価値」を参照して貰う事で一銭硬貨と言うものがどのような価値を持つのかが解るようになります。

家の中を整理していたところ、祖父などが残したコレクションが大量に出て来て、切手や古銭を処分したいと言う場合、どこに持っていけば売れるのだろうかと悩む事も在りますが、古銭の場合であれば古銭買取りを行っている専門のお店に持って行くことがお勧めです。

但し、古銭買取りのお店はインターネットで探したら沢山見つかったと言う場合は、買取り事例を参考にして高く売ることが出来るお店を探す方法や口コミ情報を利用してお店を選ぶことがお勧めです。

また、ネットオークションを利用する事で古銭を求めている人が入札をしてくれて高く売れることも在ります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。